2010年05月23日

[知財一般]オープンイノベーションで取り込むべき相手としてのリードユーザー

オープンイノベーションの言葉はやや使い古されてきた感があるが、単にbuzzwordで終わらせるのでなく、垂直統合型の製品/サービス開発に固執してしまいがちな組織には、よい頭の刺激を与える言葉であると思う。

さて、オープンの相手は誰か?ということについて、シーズを持つ者だけではないということを示唆する資料があったのでまとめておく。

LIlien、von Hippel教授らが、3M社の協力の下、同社のアイデア創造プロジェクトから生まれた製品コンセプトについて事例調査を実施した結果では、リードユーザーのアイデアによる製品コンセプトの方がより新規性があり、高い売り上げに結びつくと予想されており、追加的な製品改良に留まらない、新しい製品ラインを構成するものと理解されていることが示されている(注1)。

具体的には、3M社はリードユーザーのアイデアを取り込むプロジェクトと、そうでない従来型のアイデア創造プロジェクトがある中で、両者の成果の製品コンセプトを比べると、5年後の売り上げ高予測は8倍以上の差があるものとなり、そのすべての製品コンセプトが新しい製品ラインを構成するものとなると評価されていたとのことである。

von Hippel教授が指摘するリードユーザー・イノベーションの事例は、ソフトウエアや、スポーツなどの娯楽用品に関するものが多く、その射程についてはさらに検討が必要であると思うが、von Hippel教授が理論的に整理しているところに従えば、ユーザー側が自身の持つニッチなニーズに根付いたイノベーションを推進する可能性はどの産業分野にも当てはまるように思われる。

(注1)リック=フォン=ヒッペル(著)・サイコムインターナショナル(訳)『民主化するイノベーションの時代 メーカー主導からの脱皮』(ファーストプレス、2006年)181頁(Eric von Hippel, Democratizing Innovation (Cambridge: The MIT Press, 2005))
posted by かんぞう at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆知財一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月22日

[知財一般]新設された「国際標準化戦略タスクフォース」のミッションに「仕分け」を行う余地がないような運用を望む

知的財産戦略本部が2010年4月22日に設置した「国際標準化戦略タスクフォース」について、私は疑問を感じている点がいくつかある。運用によっては解消できると思われるので、素人考えながら懸念点を整理して、望ましい運用を巡る議論の基礎としたい。なお、2010年5月22日段階においてインターネット上では懸念が示されていることはないので、私の杞憂かもしれないことはご容赦頂きたい。

■知的財産戦略本部 国際標準化戦略タスクフォースのミッション
知的財産戦略本部の資料(注1)によると、第一に「国際標準化特定戦略分野」を決定することとされている。報道(注2)によると、
1)次世代自動車
2)先端医療
3)省エネや電池などのエネルギーマネジメント
4)水
5)鉄道
6)クラウドや3Dなどのコンテンツメディア
7)ロボット
に決定されたようだ。

これからのミッションは、同じ知的財産戦略本部の資料では以下のように記されている。
知的財産戦略本部において「国際標準化特定戦略分野」が決定された後は、各府省・民間における各分野の戦略策定を支援するため、次のことを行う。
a) 各分野の戦略を策定する際の基本的な考え方を提示する。
b) 各府省・民間における戦略策定プロセスについて必要な指導・助言を行う。
c) 各府省・民間が策定した各分野の戦略案を企画委員会に報告する。


■国際標準化戦略タスクフォースのミッションへの懸念
国際標準の策定はそれぞれの企業がそれぞれの思惑を持って臨む、ある種、政治的な場である(注3)。そのような場で国がリーダシップをとることはどれほど必要で、適切なのだろうか。

国際標準化戦略タスクフォースのミッションはまだ詳細化されているとは言えないものの、私は、以下の5つを懸念する。
・戦略に関する情報が漏れ、交渉上不利になる可能性が生じるのではないか。
・どの企業(あるいはコンソーシアム)の戦略を国として採用するかについて、公正に決めることは難しいのではないか。
・仮に国として特定の戦略を採用した場合に日本企業が単一の方向性にまとめられてしまい、標準化に失敗した際や、ビジネスとして失敗した際に脆弱になる懸念があるのではないのか。
・官が関わる場合、透明性が求められることとなるが、透明性は私的な経済主体の駆け引きの場では足かせになりうるのではないか。
・官が関わる場合、標準化することが望ましくないと判断できる場合に、撤退することができるのか。標準化しないことも戦略であるが、標準化を作ることが自己目的化しないか。

そもそも、標準化戦略策定になぜ官が関わらなければならないのか、なぜ民間では出来ないのか(あるいは上手くいかないのか)が明確に示されていないように思う。この考え方は事業仕分けで通底していたはずである。ミッションを具体化する際には、一つ一つ仕分けに耐えられるようにした方がよい。

なお、最後に付け足しておきたいことがある。標準化に関しては「海外でも官民一体となっている」とのことが理由となっている点がタスクフォース設置の理由の一つとなっているが、海外ではそれは民間が決めたことを政治家が売り込みの支援をしているだけなのか、それとも役所がリーダシップをとって主導しているのか(そしてそれは役所がリーダシップをとったから上手くいったのか)を見なくてはいけないのではないだろうか。

(注1)知的財産戦略本部 国際標準化戦略タスクフォース「国際標準化戦略タスクフォースのミッションについて」(2010年)
(注2)日本経済新聞 2010年5月21日朝刊5面「自動車・先端医療など7分野、国際標準化を後押し、政府の知財推進計画」
(注3)原田節雄『世界市場を制覇する国際標準化戦略―二十一世紀のビジネススタンダード』(東京電機大学出版局、2008年)、山田肇『標準化戦争への理論武装』(税務経理協会、2007年)参照。
posted by かんぞう at 01:01| Comment(5) | TrackBack(0) | ☆知財一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月21日

[著作権]違法ダウンロード行為を抑止するために日本版三振(スリーストライク)アウト制を導入するとしてもISPによる自主的な取り組みを促すためには解決しなければならない課題

著作権の権利者団体の方がいわゆる違法ダウンロード行為(無許諾でアップロードされた著作物をダウンロードする行為)を抑止するために、日本版三振(スリーストライク)アウト制の導入を求めていく、と発言されたことを受けて、ここ半年、三振(スリーストライク)アウト制について議論が活発化している。

■三振(スリーストライク)アウト制度への批判
著作権を侵害するアップロード行為を抑止する手段を超えて、違法ダウンロード行為を抑止する手段として、三振(スリーストライク)アウト制を選択肢とすることについては以下のような批判がある。
1)インターネットとの接続を遮断することに伴う基本的人権の侵害が、著作権侵害を抑止することに伴う社会的利益と釣り合わない可能性がある
2)著作権侵害行為に対して国際的に手厚い救済手段があるにもかかわらず、さらに過剰な保護を与えることは合理的でない(もっとも、これは現在のところ刑事罰が科されていない違法ダウンロード行為には、有力な理由にはならないかもしれない)
3)家族、ルームメイトの1人が違法ダウンロードを行っていた場合に、そのISPを共同して利用していた人の表現、情報受領を妨げてしまうことは妥当でない(過剰な私的差止行為となる懸念)(注1)
4)著作権者にとっても負荷が大きい(注2)

1)、2)は価値判断にゆだねられるものであり直ちに結論を出すことはできないが、3)は立法にあたって十分に留意する必要があるだろう。

他方、4)については、インターネットサービスプロバイダー(ISP)側が自発的に著作権侵害をチェックする仕組みがあればよい、との意見もあると思われる。しかし、そのような反論に対しては、私は新たな課題として、
・ISP側が自発的に違法DLを監視し、接続を遮断することは現行法上期待しにくい
ことを指摘したい。

■ISP側が自発的に違法DLを監視することは現行法上は法的に期待しにくい
前述のとおり、著作権者の負担を軽減するには、ISP側が自発的に違法ダウンロード行為をチェックすることが求められることが推測される。

ISPが一方的に違法ダウンロードかどうかは判定できないため、おそらく違法にアップロードされた著作物のデータを特定し、当該データを含むダウンロード行為があったかをISPに判定させる、というスキームが想定される。(以下、この想定のもと議論を展開している点に留意いただきたい。)

その場合、ISP側はパケット解析をしてチェックを行うことが一般的になるものと思われる。その場合、単にアクセス先だけでは違法ダウンロード行為がどうかわからないため、パケットの内容を解析(ディープ・パケット・インスペクション(=Deep Packet Inspection(DPI)))することになる。

しかし、違法ダウンロード行為を自動的に判定するためにDPIを実施することは、通信当事者(この場合は、違法ダウンロード行為者と当該著作物がアップロードされているサーバー間)以外の者が積極的意思をもって通信の秘密を知ることになる。このようなことを行ったISPは電気通信事業法179条にいう「電気通信事業者の取扱中に係る通信の秘密を侵す」行為にあたると考えられる。

著作権者の利益を守るための行為であるから、正当防衛にあたると見ることもできるかもしれないが、憲法に定める通信の秘密を具体化したと解釈できる電気通信事業法の規定を正当防衛で一蹴できるかについては容易に判断しがたい。ISP事業者にとってはコンプライアンス上のリスクとなろう。ISP側の自発的な違法DLの監視を期待するのであれば立法上の対処をしておくことが望ましい。

もちろん、事前に通信当事者の同意を得ていれば電器通信事業法179条の問題は生じないが、「ホームページ上の周知だけであったり、契約約款に規定を設けるだけであったりした場合は、有効な同意があったと見なすことは出来ない。」との理解が一般的である(注3)。そうであるならば、事前に契約者に明確な同意を求めることとなると思われる(注4)が、違法ダウンロードを意図している者であれば、合理的にはそのような同意をしないであろうし、また、同意を求めないようなISPと契約することになるだろう。同意を求める場合、監視は実効的に機能しない。

このような事態を防ぐには、違法ダウンロードを監視するためのDPIを実施することを同意したユーザーとのみ契約することをISPに一律に求める立法を行うことも手であるが、これは国が間接的に国民の通信の秘密を侵すことになりうると思われる。憲法上の論点を整理する必要が生じることとなる。

■結論
違法ダウンロード行為を抑止するために日本版三振(スリーストライク)アウト制を導入するとしても、同制度では著作権者の負担は小さくない。これを解消するために、インターネットサービスプロバイダー(ISP)側が自発的に違法ダウンロード行為をチェックすることを期待する意見もあるかもしれないが、チェックのためにISP側がディープ・パケット・インスペクション(DPI)を実施することは、法的な課題があるため、自主的な実施を期待することは難しいと考えられる。

通信当事者の同意がない場合、電気通信事業法違反になりかねず、ISP側は実施することをためらうであろうから、自発的なチェックは実施されにくいと考えられる。また、通信当事者の同意があったとしても合理的には違法ダウンロードを行うような者しか同意していないと考えられるため実効性は担保されないだろう。

□参照
追記:
知的財産戦略本部 コンテンツ強化専門調査会 インターネット上の著作権侵害コンテンツ対策に関するWG「インターネット上の著作権侵害コンテンツ対策について 報告書(案)」(2010年5月)では、三振(スリーストライク)制度について継続的な検討を行う必要性があるとして、以下のようにまとめられている。

そのなかでISPの自主的な取組を期待する向きもあるが、過大な期待は出来ないであろうことを私は指摘したい。
 インターネット上の反復的な著作権侵害行為への対策として、フランスや韓国などでは、数回の警告を経た上でインターネットへの接続の制限(接続の遮断)やアップロード等のアカウントの利用の制限(アカウントの停止)を行う制度(いわゆる3ストライク制度)が導入されている。
 常習的で悪質な侵害者に対して、社会全体で取り組むことは重要な課題であり、また、こうした制度は特にファイル共有ソフトを通じた侵害には有効な対策であるが、実効性の確保の観点、自由の一定の制約とのバランスとの観点等について課題があり、現行制度における警察の取り締まりによる効果、諸外国における実施状況とその効果等も見極めながら、さらに検討を行う必要がある。
 なお、一部プロバイダは、自主的な取組として、プロバイダと利用者の契約約款において、侵害行為者に対してプロバイダがインターネットへの接続の制限等の必要な措置を取ることを定めている。こうした自主的な取組は重要であると考えられるが、通信の秘密との関係で許容範囲が明確でないため、その許容範囲の明確化や手続きも含め、検討する必要がある。

(注1)heatwaveさんのブログ記事「日本版スリーストライク法に断固反対する」『P2Pとかその辺のお話@はてな』(2009年12月16日記事)
(注2)小倉秀夫弁護士のブログ記事「スリーストライク法導入を検討するよりアップローダー対策した方が効率的では?」『benli』(2009年12月21日記事)
(注3)一例であるが、『利用者視点を踏まえたICTサービスに係る諸問題に関する研究会 第二次提言(案)』総務省Webサイト(2010年)54頁-59頁(右報告書は、DPI技術について法的検討を加えている(もっとも、より公共の利益とは関わりのない行動ターゲティング広告について検討を行ったものである)。今後、最終提言が公表される見込みである)。
(注4)余談となるが、私は実効的な同意の取得は可能であると考える立場にある。DPIについては別の機会で整理したい。
posted by かんぞう at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆著作権 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月20日

[特許]無償で発明を公開する背景

ソフトウエア技術を中心に、ユーザー側が発明を行い、しかもその発明を無償(ただし、オープンソースソフトウエア(OSS)のように無償ではあるが、その他の製薬条件が科されていることがある)で公開する動きは既に定着している。MITのvon Hippel教授の研究によると、オーストラリアでの図書館の蔵書検索システムやTechnicon Corporation社の血液分析機器においても、同様の現象があったことが紹介されている(注1)。

独占的利益を得ることとは対極的な行為にある、この無償で発明を公開する背景を考えてみたい。

■ユーザーによるイノベーションを無償公開する理由(von Hippelの分析による)
ユーザーにより達成されたイノベーション(またはインプルーブメント)の成果は、以下の理由から無償で公開されやすいことがvon Hippel教授らによって指摘されている。
・メーカーにそのイノベーションを採用させやすくする
・自らの環境に最適化したイノベーションを普及させることで有利な立場に立つ
・名声を得る
また、ユーザーにより達成されたイノベーションが細分化されたニーズを反映している場合、当該イノベーションの成果を公表してもユーザー側の競争力をそがない(注2)ということも無償公開の要因となる場合あるようだ。

また、同教授が行ったゲーム理論モデルによる分析からは、ユーザーが起こしたイノベーションについては、何らかの模倣から守ることは合理的な選択肢でないことも指摘されている(注3)。

■von Hippelの分析は日本でも妥当するか?
もっとも、同じことが日本で直ちに当てはまらないのではないか、と私は考える。

日米で特許制度の効果に対する認識が異なっており、発明を無償で公表しないことの効用への評価に差異があるのではないだろうか。

米国では、製薬・化学分野を除けば、古くから特許制度の効用はあまりないと捉えられている。たとえば、1987年に異なる業界の650人の研究開発担当幹部にアンケートを実施した調査結果によると、化学・製薬業界からの回答者以外の全員が特許を「比較的効果がない」と判断していたことが紹介されている(注4)。

また、1994年に実施された日米企業に対する質問表調査では、イノベーションにより生み出される利益を回収するために特許が有効であるとの回答が米国企業に比べ日本企業で多かったことが指摘されている(注5)。

このことから考えると、日本ではユーザー側が自らが起こしたイノベーションの成果を特許権によって保護し、それを材料としてメーカーに交渉を持ち込むことが起こりやすいのではないだろうか。

(注1)Dietmar Harhoff, Joachim Henkel and Eric von Hippel, "Profiting from Voluntary Information Spillovers: How Users Benefit by Freely Revealing Their Innovations." Research Policy 32 (2003):1757.
(注2)ここでのユーザーは例えば、製造機械のユーザーであると想定すると理解しやすい。
(注3)supra note 1:1768.
(注4)Richard Levin, Alvin Klevorick, Richard Nelson and Sidney Winter,"Appropriating the Returns from Industrial Research and Development." Brookings Papers on Economic Activity 3 (1987):783-832.(原文未入手。エリック=フォン=ヒッペル(著)・サイコムインターナショナル(訳)『民主化するイノベーションの時代 メーカー主導からの脱皮』(ファーストプレス、2006年)113頁(Eric von Hippel, Democratizing Innovation (Cambridge: The MIT Press, 2005), 84)からの孫引き。
(注5)Wesley M. Cohen, Akira Goto, Akiya Nagata, Richard R. Nelson and John P. Walsh, "R&D spillovers, patents and the incentives to innovate in Japan and the United States." Research Policy 31 (2002):1349-1367.
posted by かんぞう at 22:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ☆特許 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月19日

[特許]発明者に「技術で勝ってビジネスで負けないようにさせるインセンティブ」を与えるためには

ここ1ヶ月、なかなか知識の充電が進んでいなかった。反省…。

日本の職務発明制度(特許を受ける権利をあらかじめ定めた規定等によって使用者に承継させる代わりに、「相当な」対価を求めること)は経営側にも知的財産部門にも評判が良くないように感じられる。
経営者からすると、「ビジネス上のリスクをとって利益を上げたのに…」という思いが、
知的財産部門からすると、「特許を権利化するにあたって自分たちの貢献は小さくないのに…」という思いが、それぞれあるのは自然なことだと思う。

後者については、いわゆる特許の法的な質を上げることが特許権による収益にどの程度貢献したかが定量的に明らかでないことが要因であるし、それが明らかになると「相当な」対価の算定も納得性の高いものに近づくように思われる。

ただ、前者についてはいかんともしがたい。対価算定の在り方をめぐってはまだまだ議論のあるところとなるように思う。

では、そもそも「相当」の対価算定にあたって、現行法の下ではどのような枠組みが良いのか考えてみた。

裁判例を俯瞰すると多くの場合、当該特許権を用いた事業により生じた、または、生じるであろう利益に基づいて対価の算定がなされている。この算定方法を違う角度から眺めると、発明者にとって、当該特許権を用いた事業がうまくいくようにさせるインセンティブを与えているものと評価することもできる。特に、製薬・化学産業を除けば、一つの製品に複数の発明が関わってくることが当然となっている。事業により生じた利益を分配するようにしておけば、周辺技術やより改良した発明を発明者に促すことになる。ひいては産業発展にもつながり、特許法1条に定める適合するように思われる。

他方、事業により生じた利益を分配する手法であると、特許化に失敗した場合や事業に失敗した場合に発明者に対価が分配されないことが公平に反すると評価する意見もあるとは思う。そのような評価に基づいて、同等の技術であればいくらであったか、という仮想的な特許権の価値に基づき算定を行う方法もあるかもしれない。しかし、これだと追加的な発明を促進しない。

ここから、裁判所がポリシーレバーを握るならば、仮想的な特許権の価値に基づき算定を行う方法を裁判所は採らない方がよいということができ、企業も労使の間で対価の約定をするときはそのような方法をとるべきでないと言える。

…とまぁ、結論としては当たり前なのであるが、そんな議論を目にしたことがないので、つぶやいてみた。
posted by かんぞう at 20:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆特許 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月14日

[特許]Patent Failureでの日本でのあてはまりを考える際の留意点

■Patent Failureは普遍的に妥当するのか
企業の株式市場での価値にもとづき特許の価値を推計し(注1)、そこから1件あたりの特許の価値を導くと、製薬・化学産業を除く産業では特許1件当たりの訴訟コストの方が特許1件あたりの価値を上回ってしまっている、という研究成果がBoston大学のBessen教授らから示されており(注2)、日本の政策検討にあたっても2年前の段階で参照されている(注3)。

読者の方には当たり前と思われる方が少なくないことと思われるが、訴訟コストの国による違いは大きく(図1参照)、とくに米国の訴訟コストが高いことを考えると、Patent Failureは特許制度に普遍的に当てはまるものと直ちに言えるものではないと結論づけることが出来る。
IPGhost100414_01.jpg
(出典:WIPO, WIPO Magazine, Febrary 2010, p.19に基づき筆者作成)

図1 特許侵害に関する第1審の訴訟費用の一般的な上限(代理人費用を含む)


■日本はPatent Successと言える可能性はあるか
古くから日本企業は特許制度が技術の専有に有効な手段と考えており、少なくとも米国企業との対比においては確実に有効性を評価している(注4)。
Mark Lemley教授が指摘する米国特許法の改善すべき点を見ると、いずれも日本の特許制度が改善例を実践しているようにも見える(注5)。
こう考えると、日本はPatent Successといえる部類に入るのかもしれない。

しかし、この具体的な現れとして、特許出願件数が多いことを挙げることにはためらいがある。

Bessen教授が指摘(注6)されるように、米国では訴訟のコストが高いにもかかわらず特許取得が多数行われている。第三者からの攻撃から守るために特許出願を行う、ということが行われており、社会から見ればパレート効率的でない行為が各特許出願人により行われていると評価出来る。

同じ事が日本でも当てはまっている可能性がある。

実際、訴訟費用と特許出願への積極性(代理指標としてGDPあたりの特許出願件数を設定した)を取る(図2参照)と、訴訟費用は必ずしも特許出願件数を抑制する一義的な原因となっているようには見えない。
IPGhost100414.jpg
(出典:筆者作成(注7))

図2 特許侵害に関する第1審の訴訟費用の一般的な上限と特許出願への積極性の関係


一般的な損害賠償額や権利の安定性などを加味しなければ評価出来ないものと考えられる。

(注1)手法はJames Bessen, "Estimates of Firms' Patent Rents from Firm Market Value", Boston University School of Law Working Paper No.06-14, 2007 available at SSRN Website
(注2)James Bessen & Michael J. Meurer, Patent Failure: How Judges, Bureaucrats, and Lawyers Put Innovators at Risk, Princeton University Press, 2008, p.138
(注3)イノベーションと知財政策に関する研究会・特許庁『イノベーション促進に向けた新知財政策 報告書』(2008年)79頁 available at JPO Website
(注4)1994年に日米企業に対する調査を行った結果、イノベーションの専有可能性を確保する上で、米国では日本よりも特許以外の方法が有効とされていることを明らかにしたものとして、後藤晃・永田晃也「イノベーションの専有可能性と技術機会:サーベイデータによる日米比較研究」文部科学省政策科学研究所 Report No.48(1997)、Wesley M. Cohen, Akira Goto, Akiya Nagata, John P. Walsh. Richard R. Nelson, " R&D Spillovers, Patents and the Incentives to Innovate in Japan and the United States", Research Policy 31, 2002。
(注5)拙稿(本ブログ2010年1月1日記事)「[特許]2010年は「特許権の無視」をしない年にしたい
(注6)前掲注3・イノベーションと知財政策に関する研究会・特許庁79頁。
(注7)訴訟費用額はWIPO, WIPO Magazine, Febrary 2010, p.19に基づき筆者算出、GDPはUN, National Accounts Main Aggregates Databaseに基づき筆者算出、特許出願件数はWIPO Statistics Database, December 2009。
posted by かんぞう at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆特許 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月13日

[意匠]意匠法24条2項の導入が禁反言法理に影響を与えるものでないことを明示した事例

〔ウェッジソール事件〕大阪地判平成21年11月5日 平成21年(ワ)第2726号(最高裁判所Weサイト 知的財産判例集掲載)
大阪地裁第21民事部
キーワード:意匠法24条2項、意匠の類否判断手法、禁反言

■事案
ウェッジソールに係る意匠の意匠権(意匠登録第1339016号、平成19年9月4日出願、平成20年8月1日登録。以下、原告意匠権といい、意匠権に係る意匠を原告意匠という)を保有する原告(X)が、被告ら(Y1、Y2)の輸入・販売するイ号物件がXの意匠権を侵害するとして輸入等の差止を求めた事案。
なお、原告意匠は筒部が5段になっているが、被告イ号物件は筒部が3段になっていた。
また、原告意匠に係る出願に対して公知であることを理由とする拒絶理由通知が下された際に、被引用意匠の筒部が3段であったが原告意匠は筒部が5段であることを強調し両者が類似しないことを強調していた。
さらに原告は原告意匠と同日に出願し、原告意匠の関連意匠としなかった意匠において筒部を3段とする意匠を採用していた。(下図参照)
100410IpGhost.jpg
図 原告意匠および原告出願意匠(参考)(出典:特許電子図書館 意匠公報)


■争点
以下の2点である。

(1)イ号物件は原告意匠に類似するか
なお、被告は複数の公知意匠が筒部が3段構造となっている点を指摘し、要部を筒部の段構造にあると主張している。他方、原告は段数の違いは共通点が与える美観を凌駕するものでもなく、また、意匠法24条2項制定(平成19年4月1日施行)後、物品の特定の部分をもって意匠の要部であるとする考え方は採用できないと主張した。

(2)原告の主張はいわゆる包袋禁反言にあたるか
前述の通り、原告は原告意匠に係る出願に対して公知であることを理由とする拒絶理由通知が下された際に、被引用意匠の筒部が3段であったが原告意匠は筒部が5段であることを強調し両者が類似しないことを強調していた経緯があり、イ号物件と原告意匠の類否の場面で段構造の違いの影響が小さいとすることは包袋禁反言にあたると被告は主張した。

(3)原告意匠権は無効事由を含むか
仮にイ号物件と原告意匠の類否の場面で段構造の違いの影響が小さいならば、そもそも原告意匠は公知であったと被告は主張した。

■判旨
結論として原告の請求を棄却した。

□(1)類否について
意匠の類否を判断するにあたっては、意匠に係る物品の性質、用途、使用態様、さらには公知意匠にない新規な創作部分の存否等を参酌して、意匠に係る物品について需要者の注意を惹きつける部分を意匠の要部として把握し、両意匠が要部において構成態様を共通にするか否かを中心に観察 して、両意匠が全体として美感を共通にするか否かを判断すべきものである。
原告は、意匠法24条2項制定後は物品の特定の部分をもって意匠の要部であるとする考え方は採用されないなどと主張する。意匠法24条2項は、意匠の類否判断が「需要者の視覚を通じて起こさせる美感」の類否に基づいて行われる旨を定めているところ、この観点でされる美感の類否判断の手法として、需要者の視覚を通じて起こさせる美感の観点から上記事項を参酌して本件意匠の要部を把握し、被告意匠がその要部における構成態様と共通するか否かを判断することは、むしろ同条項の趣旨に沿うものであり、かかる判断手法が同条項により排斥されたものとする根拠はない。
以上のように述べ、筒部の段構造が要部であるとしたうえで、要部が共通していないことを理由にイ号物件は原告意匠権を侵害していないと判断した。

□(2)禁反言について
傍論ではあるが、以下のように説示した。
原告は、本件意匠の出願経過において、本件意匠が 乙2意匠に類似し、意匠法3条1項3号に該当するとした拒絶理由通知に対し、本件意匠は乙2意匠に類似しないとする意見書を提出したものであるところ、原告は、同意見書の中で、…(中略)…筒部の絞りの段数の相違を強調して乙2意匠とは類似しないと主張していたのに、本件訴訟において、胴部の絞りの段数が乙2意匠と同じ3段である被告意匠との類否判断に当たり、段数の相違は需要者に与える美感に影響を及ぼさず、被告意匠は本件意匠に類似するなどと主張することは、出願経過における上記主張と相反するものというほかない。侵害訴訟である本件訴訟において原告が上記主張をすることは、禁反言の法理ないし信義則(民法1条2項、民訴法2条)に違反し、許されないものというべきである。そして、このように解することは、意匠法24条2項とは無関係に導き出されるものであり、同条項が制定されたからといって、かかる主張が許容されるものでないことは明らかである。

■コメント
□24条2項の制定が類否判断の手法に与える影響について

判決によると原告は以下の主張をしていたとまとめられている。
意匠法24条2項制定後は、物品の特定の部分をもって意匠の要部であるとする考え方は採用されない。すなわち、本件意匠は、意匠法24条2項によって、需要者の立場からこれを把握すべきである。

これまで物品の特定部分を要部とし、要部間の相違を比較する手法がとられてきた(注1)。上記「意匠法24条2項制定後は、物品の特定の部分をもって意匠の要部であるとする考え方は採用されない」との主張だけを一般化すると、従来にない考え方であると言えるが、このような見解(学説等)や裁判例は管見の限り見られず、一見すると不可解さが残る。

判決文ではこの記述の後に「古い時代の公知論を前提とする議論である」との記述があることから、おそらく原告側は、被告が公知である部分を除外し本件意匠の要部を把握するとの考えに基づいて主張したことが、従来のいわゆる創作説の立場に立った上で公知意匠との関係での要部の把握の仕方(公知意匠は要部認定において必ず除外する立場:公知意匠除外説)を採っていると評価した上で、創作説は24条2項制定後はとることができないのであるから、公知意匠除外説をとることは間違いであると批判しているものと思われる。その上で、混同説(注2)の立場に立った上で公知意匠との関係での要部の把握の仕方(公知意匠だからといって要部認定において必ずしも除外しない立場:公知意匠参酌説)を主張されたのではないか(注3)。

しかし、従来から公知意匠参酌説であっても公知意匠に関する部分は著しく低い評価が与えられていたことが指摘(注4)されており、本件の具体的判断において大きな影響を与えるものではないと推測される。

□禁反言について
類否判断の判断主体が需要者となったことで、あくまで需要者の目において類似していれば禁反言は問題にならない、との解釈は採ることができないと明示したものと考えられる。
そもそも意匠権者が権利範囲の外としたのであるし、意匠を創作する者の予測可能性を担保する点でも適切な説示といえる。

ところで、余談ではあるが、本件は禁反言との関係では興味深い可能性を示唆したように思う。
当事者の主張になかったようなので、仮定の話になるが、このような例も考えられる。
公知意匠と出願意匠の類否が問題となった場面で、ある構成要素の差異が出願時の需要者にとっては両意匠が類似していないとの評価を生み出す、との主張を意匠権者が出願経過においいてしていた。しかし、その後、権利行使の場面で、権利行使段階での需要者においては当該構成要素の差異があっても類似していると意匠権者は主張した。
意匠権者が以前の主張を翻しているものと評価すれば禁反言とすることは妥当であるが、単に出願時点での客観的現状を述べたものと評価すれば、これを禁反言とすることが躊躇われる余地もあるように思われる。需要者の視点は時の経過とともに変わる点が問題点を投げかけているように思う。

(注1)小谷悦司「登録意匠の要部認定と類否判断について」『牛木理一先生古稀記念 意匠法及び周辺法の現代的課題』(2004年、発明協会)240頁。
(注2)ただし、意匠法24条2項はあくまで判断主体を需要者とすると定めたのみであり、他の条文との関係を考えると混同説を採ったものとは評価することはできないとの指摘がある(小谷悦司「改正意匠法24条2項について」パテント60巻3号(2007年)6頁-16頁)。筆者もその理解をしている。
(注3)なお、両者の整理について意匠法24条2項制定前の文献ではあるが、加藤恒久「類否判断における意匠の要部」『判例意匠法』(1998年、発明協会)59頁参照。
(注4)加藤・前掲注3。
posted by かんぞう at 09:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆意匠 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月12日

[特許]特許の補正・分割・訂正に関わる制度・運用の変遷を知る資料

特許の補正・分割・訂正に関わる制度とその運用はめまぐるしく変わっている。過去の判例や学術文献、実務家からの記事を読む際には十分にそれらの制度の差異、運用の差異を踏まえていけないのだが、なかなかやっかいな作業と思っていた。

が、2008年にその点をまとめた文献が出ていたをある論文を読んでいて知った。
自らの研究用の備忘までに記しておく。

西島孝喜・日本弁理士協同組合『明細書の記載、補正及び分割に関する運用の変遷―特許法改正と実務上の留意点(昭和50年改正から平成18年改正まで) (単行本)』
posted by かんぞう at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆特許 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月09日

[その他]プライバシー侵害と個人識別性:インターネット広告の発展で変わるもの

■インターネット広告の強み:ターゲティングの容易さ・明確さ
最新の(株)電通の発表によると、日本でのインターネット広告への広告費の2009年の総額は、新聞を抜きテレビ、インターネット、新聞、雑誌、ラジオ、衛星メディア、プロモーションメディアの中で第2位を占めたようだ(注1)。

インターネット広告の利点の一つは、特定の属性をターゲットとした広告を打ちやすいということにあるだろう。

雑誌では大規模な読者アンケートをしなければ属性自体が明らかでなく、テレビでは視聴率の集計で属性ごとの視聴状況を大まかに図れていたものが録画機器の進歩と視聴のユビキタス化(どこでもテレビが見られる状況の進展)によって測定が難しくなった結果、受け手の属性が明らかで無くなってきた。

他方、インターネットでは、直接利用者が提供した情報以外を用いなくても、閲覧履歴などの過去の行動履歴に基づいて属性を推定することが出来る。

■行動ターゲティング広告で問題になりうるプライバシーとの関係
しかしこのような行動履歴に基づいた広告(「行動ターゲティング広告」)はプライバシーとの関係で問題があるのではないか、との不安感が生じることもやむを得ないと思われる。もっとも個人情報との関係で問題となる場面もあるが、これらは個人情報保護法で既に対処されている問題である。残された問題は個人情報でない情報(個人識別情報を伴わない行動履歴情報など)によるプライバシー侵害の可能性である。

新潟地裁の裁判例(〔防衛庁リスト事件〕新潟地方裁判所平成18年5月11日判決・判例時報1955号88頁)が以下のように指摘するように、個人識別性が無い限りプライバシー侵害を具体的に肯定することは難しい。少なくとも個人識別性が無い情報を収集されることがプライバシー侵害になるというような法的規範は形成されているとはいいにくと思われる。
プライバシー等が侵害されたというためには、そのリストに記載された原告に関する個人情報が個人識別性を有することが必要である。

そうであるならば、行動ターゲティング広告とプライバシーの関係について、現状では問題は発見できない。

しかし、米国連邦取引委員会ではそのスタッフレポート(注2)で「技術が急速に変化している現在の状況下では、個人識別の可否の境界線はますます不透明になっており、個人識別性の持つ意味は低下している」とのポジションを取っていることが指摘されている(注3)。

先日発表された、総務省のレポート「利用者視点を踏まえたICTサービスに係る諸問題に関する研究会 第2次提言」でも、個人識別性が無い情報であっても直ちにプライバシー侵害の該当性から除くべきでないとの意見があがっている。

だからといって行動ターゲティング広告を規制せよ、という話には結びつかないし、おそらくプライバシーの懸念が生じるものは相当に限定的な領域に限られるだろう。

だが、インターネット広告が発展することで、個人識別性の境界線を巡る事例が蓄積され、プライバシーを巡る法解釈については新しい刺激を与える動きであるように思う。

(注1)株式会社電通「2009年日本の広告費ハイライト」電通Website, available at here.
(注2)Federal Trade Commission,"FTC Staff Report: Self-Regulatory Principles For Online Behavioral Advertising" (2009)
(注3)二関辰郎「ライフログ・行動ターゲティング広告とプライバシー」『骨董通り法律事務所』Webサイト available at here.
posted by かんぞう at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月07日

[つぶやき]1位、2位でなきゃダメなんですか?…って考えてみた

昨年行われた政府の取組では、あるスーパーコンピュータの開発プロジェクトの妥当性に対して「どうして2位ではダメなんですか。」との質問ばかりがメディアに取り上げられていたが、私は1位であることによる名声の効用が重要でないならば的を射た発言だと考えていた。

おそらくスーパーコンピュータに関しては、1位であるからといって研究者が専ら集まるということはなく、一定の性能を超えていれば優秀な研究者が集まり、利用するだろう。その点で、財政状況にゆとりがない中、支出の妥当性を検証するための発言としては、私は適切なものだったと思う。

同じ事がGDPにも当てはまらないだろうか。
2010年段階で世界2位の経済大国から世界3位に落ちた、といわれ、さらに2050年の予測では順位を下げ、8位になることが示されている(注1)。

これに対しては様々な反応がある。なかには悲観的なものもある。しかし、ここで立ち止まってみたい。
8位になることがどの程度悲観的な未来なのだろうか。

前述の予測では1人あたりのGDPの予測も示されていた。結果は以下のグラフの通りである。
おそらく日本の社会保障の負担や積み重なった財政赤字によって経済成長が阻害されるであろう事は勘案されていないと考えられるが、2050年でも日本はカナダ、フランスなどと同じ程度の1人当たりのGDPを示している。

GDPin2050
(出典:Dominic Wilson & Anna Stupnytska, "Global Economics Paper No: 153 The N-11: More Than an Acronym"を基に筆者作成)

絶対的な豊かさが保障されるというわけではないが、同じような国と同じような道筋をたどることはわかる。確かに2050年には韓国やロシアに1人当たりGDPは抜かれるけれど、ひどく落ちるということはない。だから、安心してチャレンジできる、と考えることが出来るように思うことはできないだろうか。

(注1)Dominic Wilson & Anna Stupnytska, "Global Economics Paper No: 153 The N-11: More Than an Acronym", Goldman Sachs Economic Research(Web), 2007, available at here
posted by かんぞう at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ●つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。