2008年05月25日

[つぶやき]著作権法学会2008年度研究大会報告

著作権法学会の研究大会を聞いてきた。

フェアユース規定の導入を念頭において、権利制限の性質論、スリーステップテストとの関係に踏み込んで極めて刺激的な議論が行われていた。(中山信弘弁護士が日本型のフェアユース規定導入を明確に主張されるという点でも刺激的であった)

今後、数日にわたり、私が理解できた範囲で報告内容をまとめ、若干の考察を述べていきたい。
なお、正確な報告内容は来年公表される著作権研究にあたっていただきたい。私がまとめた概要に存在する誤りはすべて私に責任があることを明記しておく。
posted by かんぞう at 01:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ●つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。