2008年02月18日

[時事]歴史上の著名人の氏名の顧客吸引力の独占の可否

(朝日新聞2008年2月18日)
吉田松陰、高杉晋作、桂小五郎は商標なのか――。山口県萩市出身の維新の志士3人の名前が、東京の会社に食品や酒類など幅広い分野で商標登録されていることが分かり、萩市は18日、「先達を敬愛する郷土の人の感情を害する」などとして、特許庁に取り消しを求める異議申し立てをしたと発表した。

…(中略)…

今回の商標登録により、萩市では3人の名前がついた観光みやげ品などは製造できず、使う場合は同社に使用料を支払うことになるという。

市は「3人の名声に便乗した商標権による利益取得が目的といわざるを得ない。歴史上の著名な人物は独占排他的権利は認めるべきでない」と主張。今後は、歴史上の著名な人物の商標登録制度があいまいであるとして、山口県市長会などに呼びかけ、法律の見直しを求めていく。

という報道があった。

また、他の報道によると、出願人は自己使用しない可能性がある者(いわゆるトロール)であることがうかがえる。
(読売新聞2008年2月18日)
貸金などを業務とする東京の会社が「吉田松陰」「高杉晋作」「桂小五郎」という幕末の志士たちの名を商標登録していたことがわかり、3人の出身地の山口県萩市は18日、特許庁に登録取り消しを求める異議申し立てをしたと発表した。


■歴史上の著名人物の名称に排他的独占権を与えることは慣行になっているのでは?
本件登録は、第4条第1項第8号(他人の氏名又は名称等)が、
他人の肖像又は他人の氏名若しくは名称若しくは著名な雅号、芸名若しくは筆名若しくはこれらの著名な略称を含む商標(その他人の承諾を得ているものを除く。)
と定めているが、特許庁審査基準は、

1.本号でいう「他人」とは、現存する者とし、また、外国人を含むものとする

としている。

それゆえ仕方ないことである。

しかし、仮に主張のように登録を認めないとどうなるのだろうか?

歴史上の著名人の氏名または氏名の著名な略称を含む名称として次のような例がある。
「信玄餅」(第1015994号)
「信長書店」(第4366594号)

最近ではNHKが出願した、
「篤姫」(第5046968号)
もある

※ちなみに「信長の野望」は登録商標でないようだ(見つからなかった…)。

商慣習からすると難しいのではないか。

現状のところは人格権との調整規定と考えられるし、法解釈上も難しい(注1)。
もちろん、自然と蓄積された顧客吸引力を特定人に排他的に帰属させるのはどうか、という議論は興味深い。
赤毛のアン事件のように公序良俗違反とする理論構成も考えられるかもしれない。

■冷静な対応を!
報道に違和感を覚えたのは、「使う場合は同社に使用料を支払う」という記載がミスリーディングである点である。少なくとも現状販売されている土産品には先使用権がある。
また、本件の場合、結局、不使用で取り消し、ということも十分考えられる。こういうのが地域にとって困る!ということで真剣に対抗するならば、3年の間に通常実施権許諾を受ける者がないよう働きかけ、権利行使には権利濫用の抗弁で抵抗するなど、地域での取組みが必要なのではないだろうか。

ひこにゃんのときにも感じたが、自治体の方が必ずしも正確に知的財産法を理解されていないことがある。本件のこの報道による限りでは、その懸念がある(もっとも、新聞記者が誤解をしている可能性もあるので、なんとも言えない)。出来れば、適切ま弁護士に相談し、地域として冷静に対処していただきたいなと思う。

(注1)反対、平尾正樹『商標法』(学陽書房、2002年)148頁。ただし、「死後直ちに消滅する訳ではない」と述べられており、遺族等の追慕の情の保護を念頭においていらっしゃる可能性もある。その場合、本件のような百年を超える昔の歴史的人物はやはり対象外となるのだろう。

posted by かんぞう at 22:18| Comment(6) | TrackBack(0) | ★時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
商標法4条1項7号の便覧改訂を特許庁が検討しているようです。
Posted by サイバー at 2008年02月19日 12:32
サイバーさん、貴重な情報提供ありがとうございます。
改訂ですか!?
死者への追慕の情…くらいの期間までを基準とするのか、歴史上の著名人まで幅を広げるのか興味深いですね。後者なら顧客吸引力の保護ということを念頭に置いた解釈になるのでしょうが、そうすると、「著名な著作物の題号」「著名な自然物の名称」…となぜ差をつけるのか、という話になりそうかなぁと思います。
Posted by かんぞう at 2008年02月20日 00:27
はじめまして。顧客吸引力という点でモノのパブリシティと似ているものだと思います。少なくとも遺族等が特定できない、人類の共有財産扱いものについて、地域(自治体等)が使用料を取れるというのは、おかしいと思います。
Posted by Mendoza at 2008年02月20日 07:30
Mendozaさんはじめまして。コメントありがとうございます。
おっしゃるとおりで、モノパブの議論でも出てきた「顧客吸引力」の保護をどうするか、その帰属をどうするか、という議論のいい材料だと思います。

>地域(自治体等)が使用料を取れるというのは、おかしい

との点は、仮に自治体がそういう主張をするならば、という仮定の話だと思いますが(すいません、確認までです。本件に関しては、地域は当該商標登録の移転を求めているわけではないので…)、素朴な感情から言うと全く賛成です。

しかし、サイバーさんのコメントへのリプライでも申し上げたことではありますが、理論的な線引きが難しいように思います。思いますが、やはり素朴な感情のところを解決したいですね。ちょっとこの問題は考えていきたいと思います。
Posted by かんぞう at 2008年02月20日 23:19
商標取り消しについては私の方から何の意見もありませんが、吉田松陰のことは嫌いです。なぜかというと、一人称の「僕」や名前につける敬称の「君」といった、男性に特化された呼称は、松下村塾の子弟によって広まり、性差の激しい今日の日本語を作った元凶となったからです。

「僕」について:未成年の男子が「僕」を使うのは問題ないですが、成人男性は目下の人や親しい人と話すときを除いて「わたし」を使うべきだと考えられますが(辞書どおりに解釈した場合)、実際には目上の人に対して使うことも多く、テレビの中でも「僕」が氾濫しています。「僕」は「しもべ」が原義なので、へりくだった意味合いがあるからでしょうか。じゃあ男性は女性以上に謙譲の美徳が要求されるのか、そんなの不公平だ!って言いたくなります。

「君」について:「さん」は年長者も含めて一般的に使われますが、「君」は同輩か目下の人に限られ、使用範囲も限定的です。それを男子に君付け、女子にさん付けで区別するのはどうも納得いきません。漫画やドラマなどの作品では職場などで目下の女性を君付けすることはありますが、実社会では学校から引きずって男性の君付けはよくありますが、女性の君付けはほとんど聞かれません。実社会でも漫画やドラマみたいに女性社員を君付けで呼んでいればいいと私は思うんですが。
Posted by グリム伊藤公雄 at 2010年02月01日 18:27
グリム伊藤公雄さん、コメントをありがとうございます。
私は知的財産制度に専ら関心があり、言葉の社会的インパクトに関する点についてコメントできないのですが、呼称による感じ方にはいろいろあるのですね。
Posted by かんぞう at 2010年02月01日 22:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/84697316
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。