2005年10月12日

[判例]キルビー特許事件高裁判決

kilby_pat_overview.gif
有名なキルビー特許事件。最高裁で「明白な無効事由を有する特許権行使は権利の濫用だと裁判所が判断できる」ことを示した事案。
・主に特許侵害の有無が争われている
・改正前の法律だから起こった事案である
とのことで読みにくいものになっている。
ともかくも、まず前提事実のキルビー特許の出願状況を示したので参照されたし。
posted by かんぞう at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆特許 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。