2007年09月03日

[時事]司法試験考査委員から教員を外すべきか

今日の朝日新聞社説に、
考査委員は半数が裁判官や検察官、弁護士らだが、残りは法科大学院教授らが務めている。1人でも多くの合格者を出したい大学院の教員を考査委員にするのが、そもそも間違いなのだ。来年からは全員外した方がいい

とあった。

現実を考えたら、「そんな無茶な…」と思う。
司法試験クラスの問題作成は尋常ではない労力がかかるだろう。そういうしんどい仕事は研究者の義務だよね、というような空気があるところに、突然それを実務家がやれというのも無茶な気がする。

まず時間的に厳しい面があるのではないか。

裁判官や検察官の方の仕事は膨大で、いっぱいいっぱいと聞いている。その中から時間を割くのは厳しいのではないだろうか。(それを解決するために裁判官、検察官の増員ができれば良いのだが、公務員改革でそうできないというのが苦々しいところだと感じている。)

弁護士さんだって同様だろう。きちんと問題が作ることができ、答案を評価できるほど優秀な方は忙しいのが常では…?しかも、そのような方の中には大学院の教員も兼任されていたりする。

試験内容面でも厳しい。

一度でも学生に試験問題を作った方ならわかると思うのだが、きちんとした問題を出すには出題者はその分野のプロフェッショナルでなければ作れない。まして、ハイレベルなこところにいる司法試験受験生を選抜する試験である。

そうすると、上記社説によると、考査委員の実務家の方に「特定の」分野のプロであることが求められることになると思うが、幅広い分野の理解が求められ、日々の仕事に追われていることを考えると、あまりにも酷だ。

もちろん、そのような特定分野のプロの弁護士さんもいらっしゃるが、分野によってはレアケースだ。そういう分野では、特定の方が毎年考査委員に選ばれることで、中立性が疑われかねないことも想定できる。

無茶な!というのが私の感想。もっとも問題点もある程度共有できる。たとえば、司法試験委員になったら、法学部の教授にする等で対処しようと言う中間策などを考えてみたくなった。
posted by かんぞう at 09:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ★時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。