2007年07月03日

[商標]小売等役務商標についてわかりやすくまとまった論文の紹介

平成18年改正で導入された小売等役務商標であるが、「小売だって役務じゃん!」とまともに物を考えない私には、なんかよくわからないところが多い、という印象であった。
その点を晴らしてくれる、良質の論文があったのでみなさまにご紹介する。

青木博道「小売等役務商標制度の守備範囲」NBL 858号(2007年)32頁〜38頁は、小売等役務商標制度導入の経緯、その守備範囲、そして、実務上の対応指針を的確にまとめている。
また、商品商標と小売等役務商標の類似関係について、どこまでの範囲を類似と見るかにつき課題があることを指摘されている(注1)。

最近、研究所を発行されたばかりで、大活躍されている印象を受ける青木弁理士だが、この論文もその活躍の一端ととらえることができる。NBLのような、企業人にとっても触れやすい雑誌に掲載されていることもありがたい。

(注1)青木弁理士はイギリスできわめて限定的な範囲に限っていることを紹介されている。
posted by かんぞう at 00:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆商標 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/46485881
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。