2007年05月29日

[著作権]音楽曲のオンラインストレージサービスが違法とされた例〔MYUTA事件〕

話題となった、オンラインストレージが間接侵害となった例である。判決文《裁判所へのリンク》が出たので読んでみた。

〔MYUTA事件〕東京地判平成19年5月25日(判例集未搭載)平成18年(ワ)第10166号
著作権のいわゆる間接侵害が行為主体論によって認められた例


事実の概要

Xは、CDから取り込んだ楽曲をXの管理するサーバーに貯蔵し、ユーザーの携帯電話端末のみに配信することで、いつでもどこでもユーザーが所有するCDの楽曲を携帯電話端末で聴くことが可能となるサービス(以下、本件サービスという)を展開していた(注1)。これに対し、音楽曲の著作権管理団体であるYが本件サービスは音楽曲の著作権を侵害する恐れのあるものとして警告したため、Xは本件サービスを一旦停止した上で、著作権に基づく差止請求権の不存在確認を求めて提訴した。

判旨

本件サービスは、CD→aviファイルへ変換(複製)→3pgファイルへ変換(複製)→Xサーバーにアップロード(複製)→ユーザー携帯端末へ送信(公衆送信?)→ユーザー携帯端末に複製という過程を辿るものであり、太字の過程はXの提供するソフトにより実現していると認定された。そして、本件サービスを用いずに、3pgファイルへ変換(複製)後、自らの携帯電話端末で視聴することは困難であることが認められた。また、本件サービス提供時は無料のサービスであったが、有料化が検討されていたことも認定された。

その上で、Xサーバーにアップロード(複製)する行為の主体については、
 ・当該複製行為が本件サービスにおいて重要なプロセス
 ・XサーバーについてXは支配下に置き管理していた
 ・複製行為を行うシステムはXの設計に寄るものであり、複製行為はXのサーバー上で行われること
 ・著作権侵害となる可能性が高い
から、Xが行為主体と認定した。よって、複製権侵害の可能性を認めた。

また、ユーザー携帯端末へ送信行為についても同様の理由から行為主体はXであるとした上で、
ユーザは…(中略)…本件サーバを設置する原告にとって不特定の者というべき

と述べ、公衆送信権侵害の可能性を認めた。

私見

一般論を提示している訳でないので、どのようなロジックにたっているかについては精緻な分析をするべきと思われるが、表面的な分析の限りでは、「行為の支配・管理」「営利性」を前提としている点で、いわゆる「カラオケ法理」に立ったものと推測される。また、〔ファイルローグ事件中間判決〕(注2)のように、行為内容の悪性について言及していると読めないことから、〔クラブ・キャッツアイ事件〕(注3)の判断基準に近いものと考えられる(注4)。
裁判例ではこのような判断基準を採るものが多いことから、行為主体論について本件の判断基準が特殊であるとは言えない(注5)。もっとも、このような「カラオケ法理」そのものに批判が存在することには留意する必要がある(注6)。

一点疑問を持つとすれば、ユーザーが原告にとって不特定多数と言い切れるのか、という点である。これを一般化すれば通信事業者は「公衆送信」をしていることにならないだろうか?そうすると、メールサーバーの管理者は場合によっては、「公衆送信権侵害」をしている主体とされてしまうのだろうか?(注7)この点については、もうちょっと詳細な説示が欲しかった。

本判決のロジックについてはそれほど違和感は無い。しかし、世間では異論が少なからずあるように思われる。その要因は2つあると思われる。
第1に、ユーザーの感覚においてはCDの所有者内部で閉じた行為が違法とされることへの違和感が挙げられる。しかし、CDの所有者であることと、その内部の著作物を自由に利用できることは別物である。
第2に、サーバーへの複製行為の行為内容の許容性については踏み込んでいないこと違和感の要因となっていることが考えられる。この点についてはそうかもしれないが、間接侵害の判断基準の議論を進める必要があるだろうし、、あるいは、フェアユース規定導入の議論で解決を図るべきと思われる。いずれにせよ、今後の議論につなげていくきっかけとするのが良い。

なお、念のため述べておくと、本件サービスが著作権侵害とされたのは、あまりにユーザーに使いやすいシステムを提供したからである。Yahoo!などのオンラインストレージまで否定する論旨ではないので、過剰反応をする必要は無い。
(注1)仕組みはhttp://www.infocom.co.jp/cone_new_jp/info/
press/2005/p05111402.htmlを参照。
(注2)東京地中間判平成15年1月29日判時1810号29頁。
(注3)最判昭和63年3月15日民集42巻3号199頁。
(注4)本ブログ「[著作権]間接侵害についての整理」(2006年11月22日)http://chiteki-yuurei.seesaa.net/article/28054454.html>参照。
(注5)世間では高部裁判官であることを理由に異論があがっているようであるが、高部裁判官は著作権においてはそこまで突飛な考えをしてきたとは思えない。
(注6)上野達弘先生の論文の指摘が的確である。
(注7)感覚的な感想にすぎないが…。誤りがあればご指摘いただきたい。
posted by かんぞう at 01:02| Comment(2) | TrackBack(0) | ☆著作権 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ドラえもんの最終回を勝手に販売してた人が出版社とかに謝罪してましたね。
あれって翻案権の侵害ですか?
Posted by マルティー at 2007年05月30日 01:48
翻案権の侵害となる絵が中に存在するんだろうなぁと思う。
いちおう、ざくっとまとめたので、そちらの記事で。
Posted by かんぞう at 2007年05月31日 01:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。