2006年08月02日

[不正競争]形態模倣禁止についての田村教授の考え方

デッドコピー論を唱える田村教授が、不正競争防止法2条1項3号についての考えを若干ではあるが、触れている論考があったので、メモとして残す。

・2条1項3項の原則論は、模倣はいいが、デッドコピーはだめ
・営業の模倣は、先行者としての信用が蓄積されるからデッドコピーを禁じなくてもさほど害は無い。
「不正競争防止法に関する裁判例と法改正の動向」(第二東京弁護士会知的財産法研究会編『不正競争防止法の新論点』)

後者の点はホントかー?とも思う。この枠組みを不法行為の中で使っていくことは避けたほうがいいのではないか?今後研究を進めてみることとする。
posted by かんぞう at 13:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆不正競争 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。