2011年05月29日

[知財ライセンス]マギル社TVガイド事件欧州司法裁判所判決の射程についての雑感

マギル社TVガイド事件(注1)は、著作権のライセンス拒絶がEC競争法に反するとされた事案であるが、知的財産権のライセンス拒絶に対する判断の先例として一般化してよいのか悩ましい。

争点となった著作物(創作物)はテレビ番組表であり、イギリスとアイルランドでは著作権法の保護を受ける(これらはいわゆる「額の汗」に該当し、保護の対象内となる)との解釈が固まっているものの、他国ではそのような保護はおおよそ受けない(日本でもまず保護されない)(注2)。表現とアイデアの二分論でいうところのアイデアに近い。

表現とアイデアの二分論は、アイデアを特定人に独占させることには弊害が大きいとの価値判断から、アイデアに対する著作権法による保護を否定する考えた方である。そしてこの考え方は広く受け入れられている。欧州司法裁判所においても、アイデアに近いテレビ番組表を独占させる弊害が大きいという価値判断が根底に当然あるはずである。

そうだとすると、形式的には著作権のライセンス拒絶であるが、我々が一般に関わる著作権とは同視しづらい。

なお、現在でもイギリスは「額の汗」(Sweat of the brow)に対して著作権による保護を与えている。2010年には、プロサッカーリーグの公式戦スケジュールの著作権を巡って、リーグの管理団体と、スケジュールを配信していたYahoo! UKが争った事案でも著作権による保護が認められている(注3)。

Yahoo! UKが競争法での争いに持ち込んだ場合、マギル社TVガイド事件のような判断になるのかは、興味深い。私は、マギル社TVガイド事件で欧州司法裁判所が採った立場である、「知的財産権権の保護を与える条件と手続を決定することは各国法に委ねられている」(注4))。

(注1)Cases C-241/91P & C-242/91P, Radio Telefis Eireann and Independent Television Publications Ltd v Commission (Magill TV Guide), 1995 E.C.R.I-743.
(注2)和久井理子『技術標準をめぐる法システム−−企業間協力と競争、独禁法と特許法の交錯』(商事法務、2010年)231頁脚注142が指摘している。
(注3)TLC 705/09 Football Data Co Ltd v Yahoo! UK Ltd. & ors.
(注4)訳は前掲注2・和久井231頁に拠った。
posted by かんぞう at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆知財ライセンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。