2006年07月02日

[不正競争]2条1項3号請求主体その2

事実上、営業の主体が交代し、別法人にその営業が引き継がれたばあいの請求主体の問題は考慮すべき点がある。
具体的には、一澤帆布の問題が挙げられよう。
posted by かんぞう at 14:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆不正競争 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。