2011年01月06日

[つぶやき]要らないものを贈ることも社会的には重要なこと

先日、「[時事][特許]プレゼントを好きな物に換えることが出来るビジネスモデル特許についての雑感」で、不要な贈り物を欲しいものに変えることについて触れたところ、ある方から贈与行為は人類の歴史から見ても奥深いものだと教えて頂いた。

さしあたって、マルセル・モース(著)=有地亨(訳)『贈与論』(勁草書房、2008年)が役に立つとのことであった。かいつまむと、全く不要な物品の贈与によって相互の文化交流や関係確認を行っていることが世界には存在するらしい。なるほど、そうであるとすると、エチケット評論家がコメントするものわかる気が…。
posted by かんぞう at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ●つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/179300492
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。