2010年04月12日

[特許]特許の補正・分割・訂正に関わる制度・運用の変遷を知る資料

特許の補正・分割・訂正に関わる制度とその運用はめまぐるしく変わっている。過去の判例や学術文献、実務家からの記事を読む際には十分にそれらの制度の差異、運用の差異を踏まえていけないのだが、なかなかやっかいな作業と思っていた。

が、2008年にその点をまとめた文献が出ていたをある論文を読んでいて知った。
自らの研究用の備忘までに記しておく。

西島孝喜・日本弁理士協同組合『明細書の記載、補正及び分割に関する運用の変遷―特許法改正と実務上の留意点(昭和50年改正から平成18年改正まで) (単行本)』
posted by かんぞう at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆特許 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/146405938
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。