2006年03月08日

[商標]地理的表示の機能に着目した地理的表示保護の可能性論

●Dev Gangiee(デブ・ガンジー)「団体商標としての地理的表示保護―その可能性と陥穽―」知財研フォーラム Vol.63(2005) 7頁〜
※通常の大学図書館では入手困難な雑誌である。

1.論文の意義
平成17年度改正により導入される団体商標による地理的表示保護についての問題点を検討する者であり意義は深い。(ただし、深度のある研究というより、考え方・問題点の整理の点において意義が大きいように思われる。)

2.要点
地理的表示も商標と同様に(1)出所表示、(2)品質保証、(3)信用蓄積、の機能を有するが、地理的表示においては識別力が乏しい場合があることや、普通名称化することによって、商標と同じように扱えない場合が存在する。それゆえ、独自の知的財産権として保護されている。
地理的表示を団体商標により保護した場合、自主的な規制に委ねられることから、その品質、地理的境界において紛争になりうることを指摘している。また、同様の商標権が存在するときに両者の抵触関係処理も問題となりうるとする。
前者については地方公共団体の関与を、後者は公正な使用として両者の並存が可能であると主張するものである。

3.私見
団体商標による保護において品質保証面については、自治に委ねるのがベターであると考えるし、地方公共団体はADRとしての役割を担うにとどめた方がよいのではないだろうか。
商標の並存については、これは出所表示も信用蓄積もどちらも毀損しかねず、たとえWTOルールに反しないからとはいえ考えものであるはいえる。後願側に先願と異なるデザイン要素を加味した商標取得を求める方向で出所表示を担保するのが一案だろうか。
posted by かんぞう at 18:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆商標 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。