2009年08月18日

[商標]米国のトレードドレスの保護の詳細

教科書に書いてあることではあるのだが、備忘のため。

ランハム法第43条(a)では、トレードドレスが保護されるが、これまでの判例の積み重ねによって包装等のトレードドレスだけでなく、製品デザインのトレードドレスも保護されるようになった。しかし、後者は識別機能を有しているとは限らないため、二次的意味(secondary meaning、日本法でいう周知性に近い概念と見て(おおざっぱには)良いように思う)の獲得が求められる(注1)。
では何が包装と製品デザインを区分するのかが問題となるが、米国連邦最高裁判所は、Wal-Mart対Samara Brothers事件判決において、包装のトレードドレスは狭義に解されるべきであると示している(注2)。
we believe that courts should err on the side of caution and classify ambiguous trade dress as product design, thereby requiring secondary meaning


(注1)なお、アーサー・R・ミラー=マイケル・H・デービス(著)、藤野仁三(訳)『アメリカ知的財産権法』(八朔社、2008年)116頁は、「保護要件として二次的意味の確立を求めない製品デザインのトレードドレスの区別をルール化した」とあるが「保護要件として二次的意味の確立を求める製品デザインのトレードドレスの区別をルール化した」の誤りであろう。
(注2)芹澤先生のWebサイトに邦訳が掲載されている。
Wal-Mart Stores, Inc. v. Samara Brothers, Inc.,529 U.S. 205(2000)
posted by かんぞう at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆商標 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。