2009年07月07日

[特許]特許制度の歴史をポンチ絵にしてみる(その1)

石井正『歴史のなかの特許 発明への報奨・所有権・賠償請求権』(晃洋書房、2009年)読書メモ(その1)

ヴェネチアの特許制度が欧州各国に影響していったことは有名だが、その影響の流れのうち、ヴェネチア→英国→米国の流れを石井先生の本に従ってポンチ絵にまとめてみた(注1)。

patent_system_history_venis

(注1)本来はいろいろな歴史研究本を読んで整理するべきなのだが、ここでは石井先生の本に丸乗りする。
posted by かんぞう at 00:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆特許 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。