2009年04月27日

[時事]著作権法とネマワシ

著作権法がビジネスにおいても重要度を増すと平行して、創作者間、創作者ー頒布者間、頒布者間それぞれで利害対立が先鋭化している(注1)。同時に、創作活動に資する道具が増加し、多数のクリエーターが登場し、「一億層クリエーター」化が進んでいる。さらに、情報のデジタル化が進み、侵害行為とその発見双方が容易になっている。

このような変化がある中で、制度を設けたり、変更する場合に関係者の利害調整は大変だと思う。現実に利害調整を行っているのは、我が国では間違いなく霞ヶ関だが、いわゆる脱藩官僚による霞ヶ関回想本を読んでいると、業界の利害調整に慣れていない省庁もあるようだ。

おそらく文化庁もそのような省庁の一つであると思う。文部科学省も含めて、業務をざっと見てくと、業界の利害調整をし根回しをする経験というのは、それほど多くないように思える。

最近見たある論説で、元の著作権課長さんが「著作権延長を巡り多数の同一の批判が寄せられ戦慄を覚えた」趣旨を述べられていた。その背景は必ずしもわからないが、もし「祭り」にあって業務が進められないような事態があったのであれば、そのような行為を行った者には私としても怒りを覚える。矜持がある人間ならば適切な言説で意見を訴えるべきだ。だが、もしただの「パブコメ」できつい意見が寄せられた、ということであれば、甘ったれたことを言うんじゃないというのが本音だ。

利害対立の中で調整を失敗すれば、片方からボロクソに叩かれることは、やむをえない。まして、制度設計を行う霞ヶ関にいてそのような弱音は吐くべきでない(注2)。中央官庁のキャリア官僚という政策形成のプロフェッショナルである以上、甘い評価はできないだろう。

■文化審議会著作権分科会基本問題小委員会を見るとタメイキ…ただし留保すべき点も
Copyright&Copy Diaryの末廣さんが指摘されている(注3)が、著作権制度の根本的なあり方を議論するための委員会として設けられた文化審議会著作権分科会基本問題小委員会の委員が、現行の著作権制度にいわゆる保守的な方が多いように思われる。

ここからは、利害が鮮明になっていることを文化庁側が直視していないように見えてしまってもしかたない。

だが、これを合理的に解釈する2つの方向がある。

まずは、片方の意見に立って政策的価値判断として決定を下すとの態度をとったのかもしれない。
ただ、そうだとすると強固な理論武装が必要になるだろう。そのためには、理論上の調査研究が既に尽くされていることが前提条件になる。しかし、文化庁自身の研究や、関連する団体の研究を見ても、保護期間延長や私的録音録画補償金とDRMの関係について、海外の動向を含めてきちんと整理したものは十分に蓄積されているとは言えない(単に公開していない可能性もあるので外野はなんとも言えないのが本音だが)。
もし理論武装が十分でなければ、一方の業界からつつかれてまた「炎上」してしまう。前述の通り、文化庁の方は様々な利害調整を行うキャリアを積んでいるとは思えない。もしそうならば、慎重にあるべきだ。

次に、保守的な方々のガス抜きの場として設けた可能性も考えられる。

末廣恒夫さんの2009年4月20日の記事「基本問題小委員会傍聴記」『Copyright&Copy Diary』によると、同委員会の方向性が十分に示されていないということであるので、これは十分に説得的かもしれない(注5)。

そうであれば、少なくとも現在の原課の方々はなかなかのネマワシ上手である可能性もある。

■文化審議開著作権分科会法制問題小委員会を見ると応援をしたくなる
他方で、フェアユース規定を検討する法制問題小委員会は、法務省の担当者を含めており、精緻な検討を行う姿勢を読み取ることができる。

もっとも、イジワルな見方をすれば、すぐれて法制的な問題においては(産業界での根回しと異なり)根回しが上手、というだけなのかもしれない。

この点は、今後の動きを見ていきたい。

(注1)ただし、一部の著作物の世界では創作者の発言力は小さいことがある。
(注2)無数の匿名のパブコメより、特定の、迫力ある圧力団体から笑顔でドギツイ意見を提出された方がよほど怖い、と思われる霞ヶ関の方もいるだろう…。
(注3)末廣恒夫「著作権制度の根本的なあり方を議論する委員」『Copyright&Copy Diary』(2009年4月13日記事)。
(注4)末廣恒夫「日本版フェアユースを審議する法制問題小委員会が始まる」『Copyright&Copy Diary』(2009年4月25日記事)。
(注5)そうであってほしい…。なお、そうでなかった場合、著作権制度に対してリベラルな立場の方は、文化庁にパブコメを寄せるのでなく、他省庁の領空侵犯を支援するか、議員立法を支援することをおススメしたい。
posted by かんぞう at 01:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆著作権 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/118146681
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。