2008年12月31日

[つぶやき]2008年、ありがとうございました

本ブログをごらんいただいた皆様、ありがとうございました。
この1年の知的財産法を巡る動きの中でビックニュースは、フェアユース導入の議論と、商標の対象の拡大だったように思います。
CAFCのQualcomm v. Broadcom判決で知的財産権の行使の制限が検討されるなど、知的財産創造のインセンティブ付与制度は常に所有権類似の権利内容でなくても良いのでは、ということを深く深く考えさせられる1年でもあったようにも思います。

十分な話題を提供できていないときも多々ありますが、引き続き、望ましい知的財産制度のあり方を考える情報提供が出来ればと考えております。

個人的な話で恐縮ですが、2009年は公表論文を1つ書きたいと心に秘めた思いがあります。実力が無く実現できるかは怪しいのですが…。
posted by かんぞう at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ●つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/111979136
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。