2008年10月16日

[著作権][時事]米国Pro-IP法成立

本ブログの「[著作権]米国著作権法における民事訴訟コストの外部化法案?」、「[著作権]さすがに民事訴訟コストの国費負担はまずいらしい」で触れた、米国の著作権法改正案が成立した(注1)。

Prioritizing Resources and Organization for Intellectual Property Act of 2008からは、司法省による(民事訴訟としての)著作権侵害訴訟は法案から削除されており、世界に衝撃を与える内容ではなくなったように思う。

同法の特徴としては大統領への助言機関としてIntellectual Property Enforcement Coordinator(知的財産権執行調整官)を設けることにあるだろう。次代の大統領がMcCainになるのかObamaになるのか、わからないが、初代IPECにも注目したい。

(注1)Stefanie Olsen&CNET編集部「ブッシュ大統領、RIAAが支持する知的財産法に署名」CNET(2008/10/14記事)が大いに参考になった。
posted by かんぞう at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆著作権 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。